ページ上へ

結婚相談所に登録しようと思う方の多くが「私の年齢でも、結婚できるの?」「結構相談所を使っても、もう遅すぎるのでは…」という悩みを抱えています。
周りがどんどん結婚していき、親戚からの「まだ結婚しないの?」圧力も強くなり、でもなかなかいい人には巡り合えず…そんな経験を重ねていくうちに「私の年齢では、もう無理なのでは」と諦めてしまうパターンですね。

大丈夫です。結婚相談所に入るのに遅すぎるということはありません!
今回は実際の結婚相談所利用者のデータから「結婚相談所の入会年齢」についてお話しましょう。

結婚相談所は何歳から入れるの?

婚姻届を提出して正式に結婚

まず、結婚相談所に入れる年齢についてお話していきましょう。
結婚相談所によって多少の差はありますが、多くは「男性:22歳~、女性:20歳~」となっています。
結婚は自分の意志で決めるものということもあり、10代は登録できないところがほとんどです。

また、男性の場合は審査条件に「安定した収入」がある場合が多いため、女性よりも高めの年齢から登録可能になるところが多くなっています。
学生の登録を禁止しているわけではないのですが、費用の面からも登録は就職してからと考えたほうが良いでしょう。
なお、年齢の上限については結婚相談所によって大きく差があります。50代までと決めているところもあれば、上限がないところもあります。

サービス名 男性 女性
下限 上限 下限 上限
楽天オーネット 20歳 上限なし 20歳 上限なし
ゼクシィ縁結びエージェント 20歳 54歳 20歳 45歳
IBJメンバーズ 22歳 44歳 20歳 39歳
パートナーエージェント 22歳 59歳 20歳 49歳
スマリッジ 20歳 64歳 20歳 64歳
ツヴァイ 20歳 上限なし 20歳 上限なし
ノッツェ 20歳 上限なし 18歳 上限なし
仲人協会 20歳 上限なし 20歳 上限なし
サンマリエ 非公開 非公開 非公開 非公開
エン婚活エージェント 20歳 65歳 20歳 55歳
ハッピーカムカム 非公開 非公開 非公開 非公開
誠心(SEISHIN) 非公開 非公開 非公開 非公開
クラブオーツー 25歳 上限なし 20歳 上限なし
茜会 40代 上限なし 30代 上限なし
楽天O-netスーペリア 45歳 上限なし 45歳 上限なし

結婚相談所利用者の年齢層は?

結婚相談所利用者の年齢層ですが、男女で差があります。
多くの結婚相談所では

男性:30代後半~50代
女性:30代前半~40代

がメインになっています。また、ボリュームゾーン(最も多い世代)は

男性:30~40代
女性:30代

です。
男女通じて、全体的に20代前半は少ない傾向があります。また、男性は30~40代が同じぐらいの登録者数で、50代もかなり利用されているのですが、女性はボリュームゾーンを超えるとガクッと減るのも特徴です。

婚活相談所の会員年齢層

どうして男女で年齢差があるの?

男女で大きな年齢差が出ている理由として考えられるのが「出産」です。
多くの場合、女性の出産可能年齢は40歳ぐらいまで(初産の場合)と言われており、子どもが欲しい女性は20代後半から30代が勝負になります。

そのため、男性に比べて結婚相手探しに真剣になるタイミングが早いのです。
男性の場合は「仕事で成果を上げてから」「まずは仕事を優先しよう」という気持ちが強く、20代~30代は仕事を頑張り、アラフォーが近づいてから婚活を考えるというケースが多いようです。
もちろん、結婚の目的は出産だけではありません。20代で出産を望まない方もいますし、40代で出産を希望する方もいます。
出産に対する考え方を理由に結婚相談所の利用を断られることはありませんから、その点は安心してくださいね。

20代だとオトクな場合もある?

結婚相談所のボリュームゾーンは30代ですが、20代は早すぎるのかというと、そんなことはありません。
20代の場合は他の世代に比べて出会いの選択肢が広い傾向があるものの、年収や職業を重視したい場合は正確なデータをもとにお相手探しができる結婚相談所がピッタリです。

ちなみに、まだそれほど収入がなく、費用が厳しいという20代のために20代向け割引プランを組んでいる結婚相談所もあります。
20代で結婚相談所の利用を考えている場合、特別プランがあるところを探して入会するのも一つの方法です。

成婚相手との年齢差はどうなっているの?

もうひとつ、年齢関係で気になるのが「年齢差」ですよね。あくまでも統計上の話ですが、結婚相談所を活用した場合、1~6歳差で結婚する方が多くなっています。
また、男性が年上のケースが圧倒的に多いです。これは先ほどお話しした出産適齢期や収入の安定が関係しています。

特にライフプランに子どもを入れて考えている場合、収入が安定している男性と出産適齢期の女性のニーズが一致しやすい傾向があるのです。
とはいえ、年齢差にこだわって婚活をする人は少数派です。あくまでも「結果を統計的に見たら傾向性があった」程度に考えておいてくださいね。

男性から見た成婚カップルの年齢差
参考楽天オーネット
https://onet.co.jp/service/profile/

シニア向け結婚相談所もある

シニア世代の婚活

一般的な結婚相談所に加え、最近増えてきているのがシニア向け結婚相談所です。
その名の通り、一定以上の年齢の方に特化しており、シニアならではのニーズに応えています。

例えば、シニア層は離婚歴のある方や配偶者と死別した方が多いです。また、出産時期も過ぎているため、腰を据えて婚活をしたいというニーズも強いのです。
こういった「年齢によるニーズの違い」を的確にくみ取った結婚相談所もありますから、あなた自身の年齢やニーズに合わせた結婚相談所の活用が大事です。

年齢によって活動期間の違いはある?

現在の年齢と共に気になるのが「年齢によって活動期間の違いがあるかどうか」。
これについては「年齢による差はない」と言えます。
というのも、結婚相談所は年齢によって活動内容を変えることはしないからです。

登録者本人の希望でゆっくりと取り組むことはあるかもしれませんが、年齢で対応を変えるということはありませんので安心してください。
特に女性の場合、30歳付近でいわゆる「結婚ラッシュ」「出産ラッシュ」が起こるため、結婚を焦ってしまうケースが散見されます。
結婚相談所は婚活のプロである婚活アドバイザーがしっかりとサポートしますので、その世代ならではの悩みもしっかりフォロー。
落ち着いて自分に合ったお相手探しができます。

結婚相談所の役目は「登録者全員に幸せな結婚を提供すること」です。
どのようなスピードで婚活を進めていくかを含め、オーダーメイドの婚活ができるかのかが結構相談所の腕の見せ所でもあるのです。

結婚相談所の利用に「適齢期」はある?

念願の結婚を叶えたカップル

結婚相談所の利用を考えている人の中で多い質問が「私の年齢で結婚相談所を使ってもいいのですか?」というものです。
早すぎるのではないか、もしくは遅すぎるのではないかと年齢を理由に足踏みしてしまう人は意外と多いもの。

長年婚活アドバイザーとして活動してきた私は自信をもって言えます。
結婚相談所に登録する適齢期は今」です。年齢ではなく「今」。
というのも、人間はいつだって「今」が一番若いからです。過ぎた時間を悔やんでも若返るわけではありませんし、将来を案じてもその時が来てみなければわかりません。

あなたが結婚相談所を活用しようと考えた、この瞬間が一番若いのです。
結婚相談所の利用において、「若い方が有利」という側面は確かにあります。
ただ、結婚相談所の利用に関して言えば、周りより若いかどうかを考えても仕方がありません。
比べるのは他人ではなく、自分自身の年齢。未来の自分より今の自分の方が若いのですから、今が一番適齢期と言えるのです。

それに、活動を早く始めれば始めるほど、幸せな結婚生活を長く送ることができます。年齢を理由に婚活を諦めてしまうことこそ、もっともチャンスを遠ざけてしまう悪手と言えるでしょう。