ページ上へ

茜会

茜会のスクリーンショット画像
紹介方式 仲人型
会員数 非公開
加入連盟等 なし(単独運営)
男女比 男性50%
女性50%
主な年齢層 非公開
初期費用/年間費用 35,000円/155,000円+お見合い費
入会必須書類 独身を証明できる書類
本人確認書類(免許証など)
最終学歴を証明する書類(大卒以上のみ)
収入証明
写真
入会可能エリア 東京/大阪/横浜
特徴 創業以来50年以上、30代~シニア向け特化で活動を続ける老舗結婚相談所。パーティのバリエーションが豊富

創業50年以上シニア向けひとすじ

茜会は創業1960年の老舗結婚相談所です。
創業当初からずっと30代・40代・シニア層に特化した結婚相談所として活動しており、そのスタンスは現在も変わることがありません。

シニア向けではあるものの上下ともに入会年齢制限はないため、30代から70代まで幅広い世代の方が集まっています。
活動内容は小規模パーティーに力を入れており、その数は年間500回以上。いわゆる婚活パーティーから一対一でお話しするお茶会形式、趣味の集まりまで様々。
また、結婚相談所には珍しく「結婚ありきでないパートナー探し」も行えるのが特徴です。

パーティーに力を入れた婚活スタイル

茜会の大きな特徴は「パーティーでの出会いを重視している」という点でしょう。
会場は東京・横浜・大阪の3か所で、年間500回以上(1日1.4回以上開催)とかなりの数。
パーティーの内容も参加者の年齢を絞った小規模のお茶会スタイルだけでなく、写真撮影や短歌、山登りといった趣味の集まり、アンチエイジングセミナーまで多種多様です。

パーティーのスケジュールは常に公式サイトで公開されているため、いつでも情報をチェックできるのが嬉しいですね。

申込プランが豊富

茜会は申込プランも非常に豊富です。基本的には仲人型の結婚相談所なのですが、専任アドバイザーが付くかどうかを選べたり、毎月の紹介人数を選べたり、「お相手の紹介はないがパーティーのみ参加できる」プランがあったりと、会員の希望に合わせた多様なプランが用意されています。
中高年ともなると、結婚に対する考え方も様々。
自分の希望するスタイルに合わせて選べるのは嬉しいですね。

シニア向けだからこそ再婚でも活動しやすい

茜会のもう一つの特徴は、離婚や死別により一人身になった方も活動がしやすいという点です。

茜会は30代から70代まで幅広い方が入会されているため、バツイチの方、子供がすでに大きく独立している方、パートナーに先立たれ、新しい出会いを探している方など、事情は十人十色。
「結婚相談所を活用したいけれど、初婚の人ばかりのところは行きづらい…」という方も安心して活動しやすい環境と言えるでしょう。

もちろん、独身証明書を提出しますので「実は結婚していた」なんてことはありえませんので、この点は心配無用です。

早期結婚をゴリ押ししないマイペーススタイル

結婚相談所には「活動開始から〇カ月で成婚!」「一年以内の結婚を目指す!」といった、早期成婚を促すようなスタイルのところがあります。
もちろん、婚活が長引くとモチベーションも下がりかねませんし、期間を絞って成婚に向けて動くのは大切なことです。

しかし、茜会の会員は年齢層が高いため、若い世代ほどガツガツと活動したくない、籍を入れるかどうかも熟慮して決めたいという方もいるのです。

そのため、茜会は会員のペースに寄り添った婚活をすすめています。
じっくりと人生のパートナーを探したいという方に向いていると言えるでしょう。

幅広い年齢層登録

茜会は「男女比がほぼ50:50である」ということ以外、会員の年齢層や職業、年収について公開していません。
また、シニア向けの結婚相談所ではありますが、30代の女性も登録が可能です。

そのため、正確なデータを出すことができないのですが…
各種資料からは、次のような傾向が見受けられます。

年齢を指定した婚活パーティーは50代後半以降向けのものが多い
年齢制限ありのパーティーは、男性の年齢を60代、70代に絞ったものが多数開催
「アンチエイジング」や「人生100年時代に向けて」といったセミナーを開催

このことから、「これから家庭を築く」より「老後を共に過ごす」という意識を持つ方が多く登録されていることが伺えます。
特に男性は年齢が高いことが予想されるので、検討の際はその点を意識すると良いのではないでしょうか。

お見合い出会いの場も提供

茜会における出会い方は主に2つです。

茜会からの紹介
パーティーでの出会い

茜会からの紹介はプランによって「月に紹介される人数」が決まっています。ひと月当たり最低1人~最大6名と少数精鋭。

また、紹介よりも力を入れているのがパーティーです。茜会はデータ検索がないので、色々な方に出会いたいときはパーティーの利用がおすすめです。
こちらは内容によって料金や参加条件が変わりますので、自分が参加したいものを選ぶのが良いでしょう。
また、趣味関係のイベントも多いため、趣味と婚活を兼ねてイベント参加ができるのも魅力の一つです。

多種多様な料金プラン・オプションがカギ


初期費用 35,000円(登録料30,000円、事務手数料5,000円)
月会費 10,000円
成婚料 0円
初年度成婚の場合の合計費用
(1年間婚活し、成婚した場合の合計)
155,000円+お見合い料(5,000円×回数)
有料オプション パーティー(内容によって価格が変わる)

※毎月3名紹介コース

茜会の特徴は多種多様な料金プラン。大きく分けて次の3種類があります。

茜会からの紹介とパーティー参加権があるプラン
茜会からの紹介とパーティー参加に加え、専任アドバイザーが付くプラン
パーティー参加のみのプラン

この3つの差を比較すると次の表のようになります。

毎月の紹介 初期費用 月会費
あかねコース
(スタンダードコース)
1~6名
(プランによる)
35,000円 8,000~17,000円
(プランによる)
特別コース 1~2名
(プランによる)
126,000円 10,000~20,000円
(プランによる)
パーティーコース なし 35,000円 なし

このように、プランによってかなりの価格差が出ますので、自分のニーズ・価格に合わせたところを選択するのがおすすめです。

ただし、茜会はパーティー参加も重視されていること、お見合い料がかかることを考えると、実際にかかる金額はこれよりも高くなると予想されます。
費用を見積もる際はその点も注意が必要です。

こんな方にお奨め

茜会はシニア特化の老舗結婚相談所。
他の結婚相談所よりも会員の年齢層、バックボーン、結婚観に対して懐が広いのが特徴です。
そのため、次のような方には向いています。

年齢や離婚歴など、他の結婚相談所では肩身が狭い気がする
結婚にはこだわらず、共にいられるパートナーを探したい
年齢が40代後半以降、もしくはその世代の方との結婚を希望している

逆に、次のような方は他の結婚相談所が候補になります。

これから家庭を築き、子育てをしたい
20代~30代の方と出会いたい
早期結婚を目指した婚活がしたい

茜会は「結婚相談所」であると共に「人生のパートナー探しの場」でもあります。
人生の折り返し地点が見えてきたり、自分自身の幸せに寄り添った婚活がしたい方向けの結婚相談所と言えるでしょう。

茜会公式サイトへ