ページ上へ

結婚相談所を利用する!と決めたら、まずは相談所選びです。
結婚相談所は大手から地域密着型まで全国に5,000社ほどありますが、中でもどんな結婚相談所を選んだらいいかを解説します。

結婚相談所選びのポイント

結婚相談所の資料を見比べて悩む女性

結婚相談所を選ぶときのポイントは、大きく分けて3つあります。

1.結婚相談所のタイプ

結婚相談所には「自分で希望条件をもとに検索してお相手を探す」データマッチング型と「婚活アドバイザーがあなたに合う人を探して紹介してくれる」仲人型があります(複合タイプもあります)。
人によってどちらが向いているかは異なりますので、自分はどちらが活動しやすいか、よく考えて選びましょう。

2.担当者との相性

結婚相談所は担当の婚活アドバイザーとどれだけ信頼関係を築けるかが婚活の成否を決めると言っても過言ではありません。
ネットのみで活動する場合を除き、婚活アドバイザーとは実際に顔を合わせる機会が多くなります。
一度は入会予定の結婚相談所に行き、担当者が誰になるのか、その人と合いそうかを確認しましょう。

3.成婚までの費用

結婚相談所にかかる費用は、結婚相談所によって千差万別です。
払えなくなっては本末転倒、必ず確認しましょう。この時に重要なのが「一年間で成婚した場合のトータル費用」を確認すること。

初期費用は控えめでも成婚料が高いところ、お見合いセッティングのたびに別料金がかかるところ、全てコミコミのところなど、様々です。
記載方法も結婚相談所によって変わりますので、疑問があったら結婚相談所に聞くことが大切です。

契約書のチェック項目

結婚相談所の契約書への捺印

どこの結婚相談所に入会するか決めたら、いざ入会契約…ですが、この時の契約書にもいくつかのチェックポイントがあります。

1.サービス内容
2.サービス提供の開始日と終了日
3.会員資格
4.料金体系(追加料金や成婚料などの記載)
5.契約更新
6.中途解約
7.中途解約時以外に発生する違約金
8.個人情報の取り扱いについて
9.クーリングオフ
10.相談所の名称や代表者名、住所、電話番号

一つでも疑問に思うことがあったら、遠慮せずに結婚相談所に確認しましょう。
また、契約時には必ず契約書面の写しをもらい、保管しておくことが大切です。