ページ上へ

他の出会い方とは違う、結婚相談所ならではのシステムが「仮交際」です。
仮交際とは一体どういう状態なのか?通常の交際と何が違うのか?その後の本格交際に進むためにはどうしたらいいのか?
ここでは「仮交際」システムを解説します。

結婚相談所の独自システム「仮交際」とは

仮交際で仲を深める男女

「仮交際」とは結婚相談所独自の言葉で
複数のお相手候補と交際している状態
交際中の人がいるが、お見合い可能な状態
を指します。

いわば「お相手候補を絞り込む段階」で、結婚相談所の会員サイトでも交際可能な方として扱われます。
ほぼすべての結婚相談所ではこの仮交際システムを採用しており、より自分に合った方を選べるようになっているのです。

なお、仮交際中は双方が仮交際という扱いになり、片方が本交際を望んだ時は本交際に進むかお断りするかを選ぶ必要があります。

仮交際中に気を付けること

男女の交際イメージ

仮交際期間中は「お相手を深く知るための時間」です。
結婚相談所経由の出会いはそれまでの交友関係と無関係で、相手のことを一切知りません。

そのため、ミスマッチを防ぐためにこのような期間が設けられているのです。
この段階ではお互いの趣味や仕事へのスタンス、結婚観などを気軽に話し、相性を見極めていきます。
仮交際の段階ではお相手に他の候補がいることも多々ありますから、入れ込みすぎないように注意しましょう。

仮交際の期間はどのぐらい?

多くの結婚相談所では、仮交際の期間を3か月~半年程度と定めています。
仮交際中は他の方とお見合いすることもできますし、数人の掛け持ちも可能です。

そのため、期間を決めておかないと二股のような状態になってしまう危険があるのです。
仮交際はあくまで真剣交際に進むかどうかを見定める期間。
仮交際のままズルズル時間を過ごすことがないよう気を付けましょう。

仮交際から真剣交際に進むには

真剣交際を承諾する女性

仮交際から真剣交際に進むには、お互いの了承が必要です。
複数の方と仮交際中の場合は他の方をお断りすることにもなるため、片方の一存では決められません。

真剣交際に進むと他の方からのお見合い申し込みも受けられませんので、よく考えるようにしましょう。
お互いが了承したら婚活アドバイザーにその旨を伝え、真剣交際にシフトします。
もちろん、真剣交際に進んだからといって結婚しなければならないわけではないので、そこは安心してくださいね。