ページ上へ

結婚相談所では、お相手選びの際に様々なデータを見ることができます。
年齢・居住地はもちろん、年収や学歴も公開されていますので、多くの方はデータ面からお相手候補を絞り込んでいきます。

しかし「結婚相談所や婚活サイトの年収表記は本来の年収の3割増だ!」「男性の年収表記は嘘が書いてあるから当てにならない!」という噂が絶えません。

結婚相談所に載っている年収は、果たして本当のことが書いてあるのでしょうか?今回は特に女性が婚活に際して重視する「年収のウソ・ホント」についてお話ししましょう!

結婚相談所の年収には「証拠」がある?

収入を証明する納税証明書

実は、結婚相談所に登録している方の年収には「証拠」があります。
結婚相談所に登録する際、登録希望者は自分の年収や学歴などを結婚相談所に申請して審査を受けるのですが、この提出書類の中に「収入証明書」があります。

「収入証明書」とは主に源泉徴収票・確定申告書を指し、公的機関が判子を押した書類なため、内容に嘘をつくことはできません。
このような厳格な審査体制を敷いているため、結婚相談所に登録している方の年収には一定の信頼がおけるのです。

収入証明書が必須でない結婚相談所

全ての結婚相談所が収入証明書の提出を必須としているとは限らず、身分証明書や独身証明書、学歴証明書に比べると、収入証明書が必須である確率は少し下がります。

ただし、「収入証明書を提出しているかどうか」のフラグがあり、任意で収入証明書提出ができる仕組みになっている場合がほとんどです。

任意とはいえ、提出できる書類を出さないのですから証明書の提出なしに年収データが公開されている場合、数字の信ぴょう性は低いと考えられます。

もちろん、嘘とは限りません。
データは正しいけれど、公的書類を用意するのが面倒だから提出していないというケースもありますが、証明書が提出されていなければ、こちら側からは数字が正しいかどうかを確認する術はなく、疑ってかからざるを得ないのです。

証明書なしの高収入には注意

婚活を有利に進めようとするあまり、実際の年収よりも多い数字を記載してしまう男性もいるでしょう。

収入証明があれば何も疑うことはありませんが、証明書提出が無い場合は要注意です。
特に年収500万円を超える記載があるのに証明書未提出の場合は注意深く行動すべきです。
一方、300万円〜400万円で嘘をつく可能性は低く、仮に証明書未提出だったとしてもそこまで神経質になる必要はないでしょう。

収入証明書提出後に年収が変わるケースも

年収が上がった男性と降格して年収が下がった男性

このように、年収については基本的に「収入証明書」が提出されていれば安心なのですが、一つだけ注意しなければならないケースがあります。
それは「収入証明書の提出時と現在で職業や年収が変わっている場合」です。
結婚相談所が収入証明書の提出を求めるのは登録時。

つまり、登録後の年収・職業の変化までは把握しているとは限らないのです。
もちろん、その後昇進し、年収が上がるケースもありますが、その逆で年収が下がったり、リストラされたりしている可能性もゼロとは言い切れません。

もちろん、結婚相談所は職業や年収に変化があった場合、書類を再提出するように呼び掛けています。
しかし、登録時よりポジティブな変化があったならまだしも、ネガティブな変化があった場合にわざわざ申請するのは気が重いもの。
「そのうち、そのうち」と先延ばしにしてしまうケースもあるでしょう。
特に、結婚相談所に登録してから時間が経っている人は変化が起こっている可能性がありますので、少し注意が必要かもしれません。

お相手の年収、最後は「自分で確認」が大事

お互い納得して無事成婚したカップル

ここまでお話しした通り、収入証明書が提出されている結婚相談所の年収データは「証拠があり、信ぴょう性がある」が「今の状態を100%表しているとは限らない」といえます。
明らかな嘘はなくても、データをそのまま鵜呑みにしてしまうのは危険と言えるでしょう。

特に、ライフプランに「子育て」が入っている方にとって、お相手の年収は絶対に欠かせない情報。人生に関わることですから、確認するのは悪いことではありません。
ただ、最初から疑ってかかるのも考えもの…。
私がおすすめしたいのは「データを見る際は収入証明書の提出の有無を確認し、提出しているならその年収を信じる」「本格的な交際をし、結婚相手として認めるようになったら、改めて現在の会社や年収について聞く」というものです。

収入証明書が提出されていれば嘘の可能性はグッと下がりますし、その後に年収の変化があった場合でも、お互いに結婚に向けて進んでいるタイミングなら本当のことを聞けるはずです。
また、そこで嘘をつくような人は結婚相手としてどうなのか、考えなおすキッカケにもなります。

年収の聞き方にはポイントがあります。
いきなり直球で年収を問いたださず、仕事が順調か、会社の景気はいいかなど、収入に関係しそうな周辺の情報を聞いていくのです。
お話ししたように、結婚相談所に伝えた年収で嘘をついているケースは稀。
疑われるのは心外だという方もいますから、あくまでも確認というスタンスを取ることが大事です。

また、自分からは言い出せない場合は婚活アドバイザーに頼むのも手です。
お相手の性格に合わせて、どの方法が良いか考えてみてください。

結婚相談所は、もともと結婚相手を探すための場所。結婚相手としてふさわしいか、お互いに見極めようとするのは自然なことです。
年収はデリケート、かつお相手探しに重要な情報だからこそ、結婚相談所は正しい情報が得られるように気を付けています。
基本的には信頼して問題ないので、安心して婚活を進めてくださいね!