ページ上へ

結婚相談所を比較するにあたり、避けて通れないのが費用です。結婚相談所の費用はサービス内容やオプションによって大きく異なります。また、初期費用や月額費用の他、「成婚料」「お見合い料」等のオプション料がかかるところもあります。結婚相談所によって費用の内訳が大きく変わるため、まずは結婚相談所の費用の内訳、婚活期間中トータルでどのぐらいかかるのかを押さえておきましょう。

結婚相談所の費用の内訳とは?

結婚相談所の料金を計算する女性

結婚相談所の費用は大きく分けて4種類あります。

まずはこの4つがどのような費用なのかを解説します。

1.初期費用

その名の通り、結婚相談所に登録する際にかかる費用です。ほとんどの結婚相談所で、この「初期費用」は高額に設定されています。
結婚相談所によって内訳と名称は変わりますが、いわゆる「登録料」や「入会金」「初期設定費用」などを合わせた金額を指します。
登録料や入会金の相場は3万円前後のところが多いです。

しかし、初期費用全体の金額で見ると、20万円を超えるところも!
初期費用は結婚相談所の費用の中でも差が出やすいところですので、しっかり確認しましょう。

2.月会費

その名の通り、毎月定額でかかる費用です。月会費はほとんどの結婚相談所が1万円~2万円の枠に収まっています。
ただし、この「月会費」で何ができるかは結婚相談所によってまちまちです。

すべてのサービスが使い放題のところもあれば、婚活アドバイザーの紹介やお見合いパーティ・イベント参加が別料金の相談所もあります。
月会費そのものを比べるだけでなく「月会費の範囲で何ができるのか」を調べておくことも大切です。

3.オプション料

結婚相談所によって大きな差が出るもののひとつがオプション料です。
主に「お見合い料」「パーティ・イベント参加費」が該当します。また、メイクレッスンやファッションチェック、マナー講座などが有料になるケースもありますし、ハイクラスのお相手候補紹介が有料になっているところもあります。

オプション料は「効率的に活動するために必要性が高い」かつ「サービスを使う都度発生」することが多く、積極的に活動すればするほど高額になっていく傾向があります。
オプション料設定があるところの月額費用は「月会費+オプション料」と考えて計算しておきましょう。

4.成婚料

結婚相談所によって大きく変わる費用のひとつです。
中には全くかからないところもありますが、かかる場合は10万~20万が相場になります。

初期費用や月会費を抑える代わりに成婚料を高めに設定しているところもあります。
「成果報酬型」とうたっているところは成婚料が高めのケースが多いです。

費用は「一年目のトータル」で見る

結婚相談所の費用を比較する際に欠かせない考え方が「1年間にかかるトータル費用」です。
というのも、結婚相談所は1年目が最も費用が掛かるように設定されているからです。

また、「登録から1年以内の成婚率」を自社のアピールポイントとしている結婚相談所も多く、実際の成婚率も1年目がピークになっています。
つまり、1年目にかかる費用をしっかり把握しておけば、資金ショートを起こす可能性は限りなく低くなるのです。

1年目のトータル費用は、次のように計算します。

結婚相談所の1年目の費用比較

この金額を無理なく払えるかどうかが、費用による結婚相談所選びのポイントになります。
成婚料を計算に入れるのは、成婚料がかかるところは10万、20万とかかるため「成婚料が払えないから結婚できない」という事態がありえるからです。
試算時点で入れておくことで、思わぬ出費とならずに済みます。
なお、二年目以降も婚活を続ける場合、上記の計算式から初期費用がなくなり、年間費用がグッと下がります。

タイプ別・結婚相談所の相場の違い

結婚相談所の見積書と電卓

結婚相談所の費用はピンキリですが、比較的高額になりやすいサービス形態と、リーズナブルになりやすい形態があります。
結婚相談所のお相手紹介方法は大きく分けて

仲人型
データマッチング型

があります。

それぞれの紹介方法はどう違うの?という方はこちらをご覧ください。

費用の相場は『仲人・データマッチング併用型>仲人型>データマッチング型』の順になっていることが多いです。
データマッチング型のみの結婚相談所はリーズナブルさを特徴にしているところも多く、オプション料金設定も無い場合があります。
逆に、仲人型のみの結婚相談所はお見合い料がかかるのが一般的です。

データマッチング型と仲人型では、婚活アドバイザーの役割も相談できる範囲もサポート内容も大きく変わります。
基本的に「婚活アドバイザーのサポートが手厚くなるほど費用が高額になる」と考えると、わかりやすいでしょう。

表にまとめると次のようになります。

併用型 仲人型 データマッチング型
トータル費用 高め 比較的高め リーズナブル
婚活アドバイザーのサポート とても手厚い とても手厚い 控えめ
オプション料 全部込みの所が多い お見合い料がかかる所が多い 全部込みの所が多い

金額にふさわしい価値があるの?

結婚式をあげたばかりの男女

どんなに吟味したとしても、数十万の費用がかかるのが結婚相談所です。
いざ登録しようとしたときに「本当に、払う金額にふさわしい価値があるの?」「こんなに高いお金を払って、出会いがなかったらどうしよう…」と不安になるのも自然なことです。

結婚相談所は、本当に高いお金を支払うだけの価値があるのでしょうか?

この質問に対する答えは「限りなくYesに近い」です。
本当に結婚したい人と出会う場所」として、結婚相談所に勝るところはありません。結婚相談所に登録している方は、全員が結婚のために何万、何十万を払うぐらい、結婚願望が強いのです。

出会い系アプリや合コン、親族紹介のお見合いなどとは気合の入れ方が違います。
また、結婚相談所に登録するには公的機関が発行した独身証明書が必要なため、既婚者が冷やかしで入ってくることもありません。
あなたが本気で結婚したいなら、金額にふさわしい価値があると言えるでしょう。

ただ、一点間違ってはいけないのが「結婚相談所に登録しただけで結婚できるわけではない」ということ。
結婚相談所は成婚のために様々な紹介システムやアドバイザーによる手厚いサポート体制を備えていますが、お見合いするのも、お付き合いするのも、結婚を決めるのも登録者本人たちです。
登録すればエスカレーター式に運命の相手に出会えるわけではありません。

高額相談所の方が良い出会いがあるの?

結婚相談所での出会いのチャンスは、費用の高い安いではなく、集まっている会員の量と質によって決まります。
費用と結婚相談所の質は必ずしも比例しないのです。

費用が高いところほど、年収が高い方が集まっている傾向はあります。
しかし、結婚生活において重要なのは「お互いの金銭感覚が合っているかどうか」。
無理をして高額な結婚相談所に登録した結果、金銭感覚が合わない方とマッチングしてしまっては本末転倒。
費用については背伸びしすぎず「無理なく支払える」ところから選ぶことが大切です。

自分から真剣に婚活に取り組むという気持ちがあれば、結婚相談所は最も結婚相手を見つけやすい環境です。
最終的には「あなたが結婚にどのぐらいの価値を感じているか」が結婚相談所の価値を決めるのです。

一覧で見る大手結婚相談所の費用

結婚相談所選びの参考になるよう、大手15社の費用の比較一覧表を作りました。
この比較表では初期費用や月会費、オプション料の他「1年間の総額」でも比較できるようにしました。
また、複数プランがあるところは最もオーソドックスなプランで比較しています。
ぜひ参考にしてください!

大手15社を運営形態で比較!一覧表はこちら