ページ上へ

よし、婚活しよう!」と決めたとき、あなたは何から始めますか?

結婚相談所を探し始める?
マッチングサイトを探す?
「いい人いないかな」と周りに聞いてみる?

もちろん、どれも間違ってはいません。
間違ってはいないのですが…実は、うまくいく婚活にはとある「準備」が必要です。
準備ができていなければ、どんなにいい人がいたとしても結婚に結び付きませんし、そもそもお相手候補が結婚相手にふさわしいか見極めることもできません。

出会いの場を探すのも大事です。結婚相談所などを調べるのも大事です。でも、その前にひとつ、必ずやっておかなければならないことがあります。
それこそが「理想と条件の整理」。
今回は婚活の成功を左右する「理想と条件の整理」についてお話ししましょう!

なぜ、理想と条件を整理するの?

結婚条件整理のイメージ

なぜ、結婚相手の理想と条件を整理するの?
そんなの、わかりきっているでしょ?

と思う人もいるかもしれません。

確かに、自分がどんな人と結婚したいか、具体的にイメージできている人もいるでしょう。
しかし、婚活をこれから始めようとする人のほとんどは「結婚」も「結婚相手」もあいまいな、ふわふわしたイメージを持っているだけなのも事実です。

恋愛を楽しむだけならば、その状態でも何かしらの出会いがあるかもしれません。
でも、婚活は違います。
婚活は偶然の出会いを期待するものではなく「相手を選ぶこと」であり「相手に選ばれること」です。

自分が何を求めているか理解していなければ、選ぶことなどできません。
だからこそ、まずは「自分が何を求めているか」を明確にすることが必要なのです。

理想と条件を整理する3ステップ

「理想と条件を整理すると言っても、何をどうすればいいの?」と思いますよね。
ここからは理想と条件の出し方と、整理の方法をお伝えしましょう。
といっても、難しいことはありません。次の3ステップを順に実行していきましょう。

1.結婚したい相手について片っ端から書き出す

結婚したい相手の条件を書き出す女性

まずは、紙とペンを用意します。
そして自分がイメージしている「結婚したい相手」についての単語を片っ端から書き出していきましょう。

年齢は? 年収はいくら? 顔は誰に似ている? 家族構成は? 体形は? 身長は? 髪型は? 血液型は? 性格は? タバコは吸う? お酒は? 好きなものと嫌いなものは? 趣味は? 休日は何をしている? 住んでいるのはどこ? 生まれたのはどこ? コーヒー派と紅茶派どっち? 好きな映画のジャンルは?etc…

ここでは細かいことを考えず、とにかく書き出します。「これはちょっと細かいかな」とか考える必要はありません。
次のステップで取捨選択しますので、ひたすら数を出すようにしましょう。
「もう何も思いつかない!」と思えるぐらいまで、とことん書き出すのがコツです。

2.絶対に外せない条件があなたの本心

胸に手をあてて自分の本心を確かめる女性

1.を書き終えたら、今度はカラーペンを持ちます。
そして1.の内容から「これだけは絶対に外せない」と感じるものに丸を付つけていきましょう。
丸の数があまりにも多いようなら、「本当にそれが絶対必要?」と自分に問いかけてみることも大切です。

丸を付けたら、その項目をよく見てみましょう。
丸が付いた内容こそ、あなたが結婚相手に望む「条件」です。そして、丸がついていないものは「理想」になります。

この「条件」を別の紙に書き移してみましょう。
なんとなく、今までおぼろげだった「結婚相手」がイメージしやすくなったのではないでしょうか?

3.実在していると思えるぐらいまでイメージ

思い描いたお相手の実在性があるか考える女性

相手に望む条件がわかったら、あと一歩。次に「自分の結婚相手」のイメージを固めていきましょう。
2.の「条件」をすべて満たし、かつ「理想」をある程度持っている相手の設定を、「実際に実在していると思えるぐらいまで」作りこんでいきます。名前まで決めてしまってもいいでしょう。

ちなみに…条件と理想を組み合わせていくと、矛盾が出てくることがあります。
たとえば、条件の中に「20代前半」と「年収1千万」があったとしましょう。基本的に年収は年齢が高くなるほど増える傾向があるため、この2つの条件は矛盾してしまいます。

こういった場合は「自分にとって大事なのはどちらか」「どちらを満たしている人と一緒にいると幸せか」を考えましょう。
時には条件を外したり、20代前半を30歳までに広げたり、変更が必要かもしれません。

ただ、条件の変更をし過ぎると自分の本音からもズレてしまいますので「どう考えてもつじつまが合わない」というときだけ変更するようにしましょう。

結婚指輪を指に通してもらう女性

いかがでしょうか?
おぼろげだった「結婚相手」が、あたかも実在するかのように思えてきたのではないでしょうか。

この「イメージ上の結婚相手」に近い人こそ、あなたのお相手候補です。
ここが固まれば、婚活の第一段階はクリア。
あとは結婚相談所なり知り合いなりの手段を使い、イメージに近い人を探していきましょう。

婚活とは「選べる」こと

真剣交際中の男性と待ち合わせる女性

かつて、結婚相手は親が取り決めるものであり、自由に選ぶことはできませんでした。
お見合い結婚が主流だった時代は、あまり深く考えていなくてもお相手が見つかることもありました。

しかし、今は違います。あなたは違います。
婚活するということは、あなたが結婚相手を「選べる」ということです。
自分の伴侶を自分で選べる……これは昔ならば許されなかった、とてもぜいたくなことなのです。

だからこそ、私はあなたに「結婚相手に妥協しないで欲しい」と思っています。妥協しないとは、理想だけを追い求めるという意味ではありません。
「自分はどんな人と結婚したいのか」を突き詰め、その条件を満たす人と出会い、結婚することです。

この記事を参考に結婚相手のイメージを固めるだけでも、あなたの婚活はグッと先に進みます。ぜひ試してみてくださいね!