ページ上へ

四十代の婚活についてお話しする前に、ぜひ覚えておいていただきたいことがあります。
それは「四十代で婚活をしている人は少なくない」という事。
特にシニア向けなどを打ち出していない結婚相談所でも、会員のボリュームゾーンが三十代後半~四十代というところは結構あります。
なにより、結婚したいと思った今こそ婚活に最高のタイミングなのは間違いありません。

…なぜ、このようなことを最初に言ったのか?
それは現実として四十代で結婚できる人は少ないからです。
厳しいことを言えば「四十代で結婚したい人」はたくさんいても「四十代と結婚したい人」は少ない。これは男女共通です。
ハッキリ言って、婚活市場では若い方が有利です。
“若い人には負けない”と思っていても、プロフィールに記入欄がある以上、年齢からは逃れられないもの。
四十代の婚活は努力なしには成立しません。その努力は如何に自分自身の状態を自覚するかから始まるのです。

結婚したい」と思われる40代になる

40代の幸せ夫婦

40代に突入すると婚活市場では男女共に“高齢”と判断されるのが一般的です。
特に20代、30代をターゲットにした結婚相談所では、苦しい戦いを余儀なくされるでしょう。

では、そんな40代が「結婚したい!」と思われるためにはどのような戦略が必要なのでしょうか?
表面的な若作りだけではなく、内面的な部分を含めて“自分を変える”“相手を認める”という視点が重要になります。

四十代男性の敵は「オジサン臭さ

誠実そうな40代男性

男性は四十代になると白髪が目立ったり、体形が崩れてきたり、胃腸の調子が悪くなり加齢臭が出てきたりと「オジサン臭さ」が現れるようになります。
そして、四十代男性の婚活はこの「オジサン臭さ」との戦いと言っても過言ではありません。
というのも、オジサン臭さとは女性が結婚相手の男性に求める絶対条件の一つ「清潔感」の対極にある、女性が最も嫌うもの。

どんなに年収が高くても会社で地位が高くても、オジサン臭かったらもうそれでおしまいです。
誤解しないでほしいのですが、これは若作りをしろ!という意味ではありません。
清潔感があり、ファッションにも気を配る四十代男性は「イケオジ」という魅力的な男性への道が開かれます。こうなれば、婚活にも光が見えてくるのです。

イケオジになるためのポイント

婚活で成功するイケオジになるためには、次の3つのポイントが重要です。

清潔感
自信あるふるまい
同世代への心配り

清潔感については上で述べましたので割愛しましょう。次に大事なのが自信と余裕のあるふるまいです。
これはいわゆる「年と経験を重ねたからこその余裕」。
他人に対し、上から目線にも下から目線にもならず、常にどっしりと構えていると、女性はあなたを“頼りがいのある人だ”と感じるようになります。

また、同世代の異性への気配りも大切。
実際、四十代男性と結婚するのはほとんどが同年代、つまり四十代の女性です。
彼女たちに対してどう感じているのか?どんな態度をとっているのか?改めて見直してみてください。

四十代女性の敵は「プライド

はつらつとした40代女性

四十代で婚活をする女性は、それまで仕事に没頭したり趣味や恋愛に精を出したりしてきた分、プライドが高い傾向があります。
そして、四十代女性の婚活における最大の敵はプライドであり、自分自身です。

なぜなら、結婚するためにはそれまでの自分を大改造する必要があるからです。
事実として、四十代女性は男性の結婚理由のひとつである“子供が欲しい”という願いを叶えることが非常に難しい年代です。

その時点で「結婚相手」としてはかなりのハンデを背負っていると言わざるを得ません。
だからこそ、ありのままの自分を認めてほしいというスタンスではなく、相手に合わせた行動を取ることが大切なのです。

相手のこだわりを認め、包容力で勝負

四十代女性の婚活のキーワードは「こだわり」と「包容力」です。
この「こだわり」とは自分自身のこだわりのことではなく、相手のこだわりのことを指します。

というのも、四十代女性のお相手候補となる四十代男性には趣味でも仕事でも並々ならぬこだわりを持っている人が多く、こだわりを認めてほしいという気持ちが強いからです。

例えば、休日の時間の使い方やコレクションなどですね。
特に子供を望まない男性の場合、自分のこだわりを理解してくれる人、できれば一緒に取り組んでくれる人を求める傾向が強いため、まず相手を認めることが大事になってきます。

また、四十代の女性に対し、男性は癒しや包容力を求めることが多いため、相手ファーストで動き、聞き役に回るのが鉄板戦略となるでしょう。

四十代だからこそ言える「人生いろいろ」

良い男性と巡り合い再婚した子連れ40代女性

ここまで見てきた通り、四十代の婚活は基本的に楽な道のりではありません。
ただ、四十代ゆえの豊富な人生経験を求めている層も存在します。

そのひとつがバツイチやシングルマザー・ファザー。
一度大きな別れを経験している人にとって、年を重ね落ち着いてきた四十代は魅力的に映ります。
また、再婚希望者は初婚の人に比べ、お相手候補の人柄を重視し、年齢や外見などのスペックにとらわれない婚活をしていると言われています。

共に未来を作っていくための結婚から、様々な人生経験の果てに巡り合った結婚へ。
四十代の婚活は第二の人生の幕開けといえるのかもしれませんね。